フィナステリド

フィナステリドとは、男性型脱毛症に効果的と認められている唯一の医薬品です。
クリニックなどでは、男性型脱毛症の治療にはこれが使われます。

ただフィナは、男性型脱毛症のなかでも、2型5αリダクターゼしか阻害はしません。
1型5αリダクターゼは阻害されずに、DHTとして還元されてしまうのです。

1型2型

1型5αリダクターゼとは、皮脂腺に存在し、男性ホルモン(テストステロン)を還元し、DHTへ変化させます。
2型5αリダクターゼとは、毛乳頭内部に存在し、男性ホルモンと結合します。

この二つのうち、2型が特に影響力が強いと言われています。

なぜそういわれているのか?

2型5αリダクターゼはDHTの約60%~70%を還元するのに対し、1型5αリダクターゼは30%~40%しか還元しません。
たった30%しか占めていない、1型5αリダクターゼよりも、70%も占めている2型5αリダクターゼを抑制するほうが、効果が得られやすいとされているからなんです。

1型5αリダクターゼだけ、阻害しても2型が70%も占めるので、影響力が変化しないからなんですね。

しかし、2型5αリダクターゼを阻害しても、まだ脱毛が抑制されな。と言う方もいらっしゃいます。

その場合は、1型5αリダクターゼすら阻害させるデュタステリドを使用することになります。

アロエ酒の使用

アロエ酒には、5αリダクターゼを阻害するアロインという成分が含まれています。
アロインには、他にも殺菌作用や抗菌作用、傷を修復、やけどなど様々な疾患に効果があります。

あるある大事典では、5αリダクターゼの阻害率は100%と言われていたのですが、実際のところは不明なんです。

100%阻害するのなら、フィナステリドやデュタスなどは存在しないのではないかという疑問。
完全に阻害するのなら、医薬品成分と登録され、さまざまな育毛剤が出てもおかしくないんです。

でもなぜ、100%が信用できないのか。

知ってる人は知ってるかもしれませんが、実はあるある大事典でデータのねつ造があったんです。

データのねつ造があったのは、アロエ酒の放送とは言われていませんでしたが、かなりのデータをねつ造していたみたいです。

そんな事があったので、現在は使用していません。

しかし、当時の私にとって、あるある大事典は数少ない情報元です。その貴重な情報はウソだとは思うはずがありません。

そして、アロエ酒を1ヶ月間使用したのですが、残念ながら効いているのかどうかは不明でした。

アロエ酒は5αリダクターゼが原因の男性型脱毛症にしか効果はありません。

その他の脱毛症、。休止期脱毛症などには全く効果を示しません。まあそもそもアロエ酒自体に5αリダクターゼを阻害する効果があったのかどうかも怪しいのですが・・・。

結果的に、アロエ酒はあまり期待できないと言うことなんです。

男性型脱毛症ならば、さっさとフィナステリドやデュタスなど、5αリダクターゼ阻害薬を使用したほうがいいんです。

これは間違いないです。

別の何か・・・

teacher

 

不老林が効かないと分かった私は、べつのものにも手を出します。

あまり覚えていないのですが、生薬配合のトニックだった気がします。

不老林のような高い育毛剤はおじさんのような臭いがするし、なんとなく嫌だったというのがあったんだと思います。

で、その生薬配合のなんちゃらトニックですが、お分かりの通り、まったく効果なしです。まあ、1カ月も使ってなかったから効かないのは当たり前なんですけどね・・・。

やはり、知識がないし、まだまだ子供だった私は、すぐに効果が表れると思っていました。

2日から3日で、1mmくらいは伸びるだろうと思っていました。

んなわけないですよね・・・。

確かに、髪の毛は1か月で2cm~3cmは伸びます。

だから数ミリ伸びるというのは、あながち間違いではないんですよね。

でも、1か月で変化が現れると思うのは、不正解。
<h2>16歳の私がどのようにしてばれずに育毛剤を使えたのか</h2>

はい、ベランダで使ってました。

うちは、洗面所が狭く、整髪料とか置くところはあるのですが、育毛剤を置くスペースがありません。というより、そこに置きたくありません。

家族にもばれたくなかったんです。あたりまえかw

で、自分の引き出しに保管し、自分の部屋に通じるベランダでいつもプシューっとやってました。

夜な夜な一人で・・・。

今考えると、本当に切ないです。

なんだかんだで、一応なんちゃらトニックというのは使い切りました。

私の九頭竜尖

main

私は10年前から、薄毛です。

現在26歳なので、16歳から。
なぜそんな若いときに薄くなってしまったのかはわかりません。

ストレス・・・はたまた、遺伝なのか・・・。

当時は原因をしらべるような手段はありませんでした。

インターネットは普及していましたが、うちにはパソコンがなく、
携帯しかありませんでした。

そんな感じだったので、とにかく薬局にある育毛剤を買ってつかうしか方法はありませんでした。

でも、16歳の坊やが育毛剤なんて買えるわけありません。恥ずかしすぎるでしょう。
学校でも馬鹿にされるはず。

学校では、一応かくしてはいたので、ばれることはなかったです。

どのようにして16歳で育毛剤を手に入れたのか・・・・。
簡単です。

店員に育毛剤が書かれた紙を見せ、お使いに来たと思い込ませるんです。

もちろん、自分で育毛剤は書きます。

さらに念には念を入れて、おじいちゃんやおばあちゃんがやっているようなところへ行きます。

それで回避しました。

無事育毛剤をゲットし、使ってみたのですが・・・まったく効果なし!
おまけにおっさんのような匂いがしました。

育毛トニックが全く効果がないのは分かっていたので、不老林というのを買いました。

残念ですが、やはり1,000円~3,000円するようなものは効果はないようです。