結局、薄毛に一番有効なものって何なのか?

育毛剤は脱毛予防にしかなりません。

発毛させるのなら、やはり発毛剤を使用するしか方法はありません。

育毛剤と発毛剤の違いは、文字通り、育毛剤は毛が育つような環境を整えるだけ。

発毛剤は発毛させるだけなんです。

目的によって使わけることが大事なんですね。

育毛剤は薄毛に向いてません。

なぜなら、すでにハゲ(薄毛)だからです。

薄毛ならば、生やすことが目的なはず。

だから、生やす能力のない育毛剤は無意味なんです。

薄毛の方は、もう発毛剤を使用するしか方法はありません。

前置きが長くなりましたが、薄毛に有効なものは発毛剤です。

一番いい発毛剤とは?

ずばり、ミノキシジル配合の育毛剤です。

ミノキシジルとは、もうCMでおなじみのリアップに配合されている成分で、血管拡張作用によって髪の生やします。

ただ、リアップはミノキシジルを5%しか含みません。

さらには、5%のうち、1%程度しか浸透しないんです。

なので、一番いいのは日本未承認薬である、ミノキシジルタブレットでなんです。

ミノキシジルタブレットとは、ミノキシジルを含有した、高血圧の患者さん用の薬です。

日本では未承認なので、高血圧患者にも処方はされないみたいですが、海外では処方されているようです。

日本未承認薬を手に入れる方法は?

一部の薄毛専門クリニックでは、お願いすれば処方してくれるようです。

取扱いのないクリニックもあるようなので、そのへんは聞いてみないとわからないでしょう。

ミノキシジルタブレットは発毛専用

もちろん、脱毛を抑えないと、いくら発毛させてもムダになってしまいます。

男性の場合は、プロペシアやフィンペシアという方法があります。

女性の場合は、残念ながらありません。女性にプロペシアは効かないようです。男性のみなんです。

女性はミノキシジルタブレットのみとなるようです。

続きはまた後日。