フィナステリド

フィナステリドとは、男性型脱毛症に効果的と認められている唯一の医薬品です。
クリニックなどでは、男性型脱毛症の治療にはこれが使われます。

ただフィナは、男性型脱毛症のなかでも、2型5αリダクターゼしか阻害はしません。
1型5αリダクターゼは阻害されずに、DHTとして還元されてしまうのです。

1型2型

1型5αリダクターゼとは、皮脂腺に存在し、男性ホルモン(テストステロン)を還元し、DHTへ変化させます。
2型5αリダクターゼとは、毛乳頭内部に存在し、男性ホルモンと結合します。

この二つのうち、2型が特に影響力が強いと言われています。

なぜそういわれているのか?

2型5αリダクターゼはDHTの約60%~70%を還元するのに対し、1型5αリダクターゼは30%~40%しか還元しません。
たった30%しか占めていない、1型5αリダクターゼよりも、70%も占めている2型5αリダクターゼを抑制するほうが、効果が得られやすいとされているからなんです。

1型5αリダクターゼだけ、阻害しても2型が70%も占めるので、影響力が変化しないからなんですね。

しかし、2型5αリダクターゼを阻害しても、まだ脱毛が抑制されな。と言う方もいらっしゃいます。

その場合は、1型5αリダクターゼすら阻害させるデュタステリドを使用することになります。