アロエ酒の使用

アロエ酒には、5αリダクターゼを阻害するアロインという成分が含まれています。
アロインには、他にも殺菌作用や抗菌作用、傷を修復、やけどなど様々な疾患に効果があります。

あるある大事典では、5αリダクターゼの阻害率は100%と言われていたのですが、実際のところは不明なんです。

100%阻害するのなら、フィナステリドやデュタスなどは存在しないのではないかという疑問。
完全に阻害するのなら、医薬品成分と登録され、さまざまな育毛剤が出てもおかしくないんです。

でもなぜ、100%が信用できないのか。

知ってる人は知ってるかもしれませんが、実はあるある大事典でデータのねつ造があったんです。

データのねつ造があったのは、アロエ酒の放送とは言われていませんでしたが、かなりのデータをねつ造していたみたいです。

そんな事があったので、現在は使用していません。

しかし、当時の私にとって、あるある大事典は数少ない情報元です。その貴重な情報はウソだとは思うはずがありません。

そして、アロエ酒を1ヶ月間使用したのですが、残念ながら効いているのかどうかは不明でした。

アロエ酒は5αリダクターゼが原因の男性型脱毛症にしか効果はありません。

その他の脱毛症、。休止期脱毛症などには全く効果を示しません。まあそもそもアロエ酒自体に5αリダクターゼを阻害する効果があったのかどうかも怪しいのですが・・・。

結果的に、アロエ酒はあまり期待できないと言うことなんです。

男性型脱毛症ならば、さっさとフィナステリドやデュタスなど、5αリダクターゼ阻害薬を使用したほうがいいんです。

これは間違いないです。